スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
氷枕
完全復活の予定と書いておきながら、まだまだ調子がでません。
今日は昼まで寝てしまいました‥‥。前日の土曜日の夜、会食があったMさんは私以上に寝こけていましたが(^▽^;)。

前の日記に書いた「氷枕」ですが、書き忘れていましたが本来は「湯たんぽ」としてスーパーで売られていたものでした(笑)
パッケージが残っていたらもう少し面白かったと思うのですが、捨てちゃったのでとりあえず本体のみ写真に撮ってみました。‥‥って、見た目はごく普通ですね(爆)
このあたりでは、ご家庭で氷を作る人(作れる人)はまだまだ少ないので、湯たんぽはあっても氷枕というものは存在しないと聞きました。

20050626_006.jpg

日本の氷枕(こんなものを私はイメージしています)よりもゴムが厚めで、頭に当たる感じがソフトなので、むしろ私はこっちの湯たんぽ氷枕(?)のほうが使っていて快適でした。

ただ難を言えば、湯たんぽゆえ「氷が入らない」ということ!<肝心なところが‥‥(^^;
水を入れることができる穴があるだけなのです。
まぁ、水を入れて冷凍庫で1~2時間ほど凍らせばちょうど良い感じに冷えるので、それから使っていました(笑)

20050626_005.jpg
スポンサーサイト
【2005/06/26 23:48】 中国・使うもの | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<初めての長時間停電 | ホーム | 風邪・・・>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/06/28 03:15】 | #[ 編集] | page top↑
はじめまして。水枕博物館管理人です。中国では発熱した際、冷やす習慣がないのでは?ぜひ日本の水枕の良さを見直してください。
【2005/07/01 19:42】 URL | さとみ #-[ 編集] | page top↑
>さとみさん
いらっしゃいませ^^
「水枕博物館」すごいですね!!
そう言われれば、そうかもしれません<習慣
今回は本当に水枕の良さ、再確認しました!熱がなくても、寝苦しい夜とかに使うと気持ち良いことに気付きました。
【2005/07/02 16:28】 URL | MIDORI #1n9Tsjm2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midoridiary.blog9.fc2.com/tb.php/154-a9e7fd37
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。